自宅以外を保険の相談場所として選ぶ場合のポイント

 

訪問型の保険相談を利用したいけど、自宅に来られるのはちょっと・・・という人も珍しくありません。

 

いくら大事な相談とはいえ、知らない人を自宅に上げるのはストレスですよね。

 

訪問型の保険相談では、自宅以外でもOKという場合がほとんどですので、その点は心配いりません。

 

普通はあなたが選んだ場所に訪問してきてくれますが、場所を選ぶにあたって注意するべきポイントがあります。次に挙げる点を考慮して選んでください。

 

  1. 静かな場所
  2.  

    大事な相談をするわけですから、静かで落ち着いた場所を選びましょう。周りに誰もいないのが理想ですが、普通の声で会話できるところが理想的です。

     

  3. 長時間、利用が可能
  4.  

    保険の相談は時間がかかることが多いです。最低でも1時間、できれば2時間くらいは問題なく利用できるところが良いです。

     

  5. 確実に利用できるところ
  6.  

    場所を決めて当日に待ち合わせをしたところ、利用者がいっぱいで利用できないということがあると困ります。予約をして利用すれば問題ありませんが、予約なしでも間違いなく利用できるところを選びましょう。

保険相談場所の具体例

喫茶店・カフェ

 

 

おすすめ度:☆☆☆

 

喫茶店やカフェは、場所によりけりと言えます。

 

スターバックスやタリーズコーヒーのようなカフェだとオシャレな雰囲気で相談ができそうですが、すぐ近くに他のお客さんが座る可能性があり、あまり適した場所とは言えません。

 

でも、コメダ珈琲や個人経営の喫茶店ならゆったりした席がありますので、そうしたところなら相談場所として適していると言えます。仕切りがあればなお良いです。

 

ファミリーレストラン

 

おすすめ度:☆☆

 

ファミリーレストランも比較的ゆったりした席が多く設けられていますので、場所としては悪くありません。ただ、静かに過ごさなければいけない場所ではありませんので、なるべく混雑しない時間帯を選びましょう。

 

ファーストフード

 

おすすめ度:☆

 

ファーストフードは回転を早めるため、座席が狭くなっているのが普通です。保険のような大事な話をするには全く適さない場所ですので、なるべく選ばない方が良いです。

 

 

ホテルのラウンジ

 

おすすめ度:☆☆

 

宿泊客でなくても利用できるラウンジ(レストラン・喫茶スペース)を活用するのも1つの方法です。

 

他のテーブルとの仕切りがないことが多いので、そういう点ではあまりおすすめではないのですが、条件に合った良い場所を知っているのであれば、選択肢としては良いです。

食事代は誰が負担する?

相談場所としてカフェやファミレスを選ぶと飲食代がかかりますが、この費用は基本的に、相談員が自分で負担してくれます。相手によってはあなたの分まで負担してくれるでしょう。

 

また、相談員が交通費をかけて相談場所に来ている場合でも、通常はあなたが負担する必要はありません。相談が無料なのと同じで、保険が売れれば手数料が入りますので、その中から負担するからです。

 

もちろん、相談したからといって保険に加入しなければいけないわけではありません。保険の相談も競争ですので、そうした費用は無料にしないとお客さんを獲得できないからと言えば、納得できるでしょうか。

関連ページ

保険相談を受ける上で知っておいた方がいいこと
保険相談をする上では、事前に知っておいた方が良いことがたくさんあります。この記事ではその点について解説します。